日誌

EDについて
2017/04/04

EDのバージョン移行案内とED3とED4の使い分けについて

Tweet ThisSend to Facebook | by 開発01
4.0より前のバージョンのEDでは脆弱性が報告されています。
ファイル暗号化ソフト ED に小さいファイルを暗号化した場合において暗号化データの解読が比較的容易になる問題

この脆弱性が直ちに影響を与えることはありませんが、
ED3系はすでに通常のサポートが終了しているので最新のED4系を使用することをおすすめします。

現在使っているEDのバージョン確認

EDを起動するとタイトルバーにバージョンが表示されます。


最新のEDのダウンロード

Vectorのダウンロードページにアクセスします。


「ダウンロードページへ」というリンクをクリックし、ダウンロードページに移動します。


「このソフトを今すぐダウンロード」というリンクをクリックするとダウンロードダイアログが出るので「保存」をクリックします。


保存した圧縮ファイル(ed40.zip)を解凍し、解凍したフォルダを任意の場所に移動します。
解凍したフォルダの中にあるE_D.exeを起動してバージョンを確認します。
タイトルバーに「ED Ver4.0」と記述してあれば問題ありません。


複数バージョンのEDを共存させるには

複数バージョンのEDはそれぞれ別々のフォルダに置くことで共存させることができます。
例:以下の例ではED3.4とED4.0が共存しています。それぞれのフォルダの中にあるE_D.exeをクリックするとそれぞれのバージョンのEDを起動することができます。

17:16 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
 
学校法人電子開発学園 北海道情報大学
〒069-8585 北海道江別市西野幌59-2
TEL:011(385)4004 FAX:011(385)1074
【電話の受付時間は、平日9:00-17:45です】
E-Mail:info@mugendai.do-johodai.ac.jp

利用上の注意    プライバシーポリシー    著作権について

職員ログイン
Copyright © 2003-2017 Hokkaido Information University All rights reserved.